アドセンスに依存するのが危険な理由とは?

アドセンスに依存するのが危険な理由とは

アドセンスに依存するのが危険な理由とは

「アフィリエイトに興味を持ってブログを始めたけど、どうもイマイチ成果がなくてブログやめちゃった!」ってよくありますよね。

実は私もアフィリエイトに一度は挑戦してやめた経験があるんですよ。

(ちょっと意外ですよね)

もともとアフィリエイトの存在を知ってブログを始めたのですが、A8.netと提携をして商品レビューを1ヶ月ほど毎日書いていったのですが、結局成果がなくてやめちゃいました。

まぁ、よくあるパターンですよね。

そして、2年くらいブランクが開いて比較的難易度の低いアドセンス(AdSense)の存在を知り「もう一回アフィリエイトをしようかな?」と再チャレンジして現在に至ります。

ちなみに「比較的難易度の低いアドセンス…」と書きましたが、あくまでクリックされたら収入が発生すると言う成果条件について難易度が低いと言っているわけで、ユーザー登録の審査は非常に難易度が高く、審査通過後のポリシー管理も厳しいですからハードルは決して低くありませんよ。

さて、アドセンス(AdSense)は「クリックされただけで数十円の報酬が発生する」と言うことが魅力で、初心者でも月○万円と言う高額な報酬を稼ぐことが可能です。

そのため、ブログを運営してある程度のアクセスを集めている初心者の方にはぜひチャレンジして欲しいアフィリエイトなのですが、将来的に稼いでいきたいのなら成果報酬のアフィリエイトもマスターしておいたほうがいいですね。

つまり、アドセンスだけに依存しないことです。

と言うのも、「審査通過後のポリシー管理も厳しい…」と先程書いたのですが、もし、ポリシー違反を指摘されると広告の配信が停止されるだけでなく、最悪「アカウントの無効化(追放)」という厳しい措置を受ける場合があるのです。

以前は「アドセンスとトレンドブログは相性が良くて稼ぎやすい」と言われていましたが、ここ最近はグレーゾーンだった引用部分の厳格化や、芸能記事自体が「価値のあるコンテンツ」と見てもらえない傾向が強くなってきたこともあり、ポリシー違反に抵触することが多くなったと聞きます。

アドセンスで月数万円稼いでいたとしても無効化の宣告を受けると支払い前の報酬はゼロ(0円)にリセットされてしまいます。そして、同じ名義でユーザー登録することは二度とできなくなってしまいますから正直リスクが高いわけです。

しかし、アドセンス以外に報酬を得る手段を持っていれば、アドセンスからの収入が無くなってもトータルで報酬がゼロ(0円)になることはありませんから最悪の事態は避けれるわけです。

つまり、リスクヘッジ(収入源は複数確保)ですね。

初心者のうちはなかなかこの点に気が付かないのですが、アドセンスに一度依存してしまうとリスクヘッジの概念がなくなり、イザと言う時に後悔してしまいますので、アドセンス以外に稼ぐ方法を身に着けておくことをおすすめします!

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る