意外に忘れているSEO対策。それは「記事タイトル」

意外に忘れているSEO対策。それは「記事タイトル」

ブログを書くとき、意外に疎かにしているのが『キーワード』です。

みなさんが書いたブログには、にほんブログ村Ameba人気ランキングなどと言ったブログランキング、TwitterなどのSNS、他ブログのリンクなどから大勢のユーザーが訪れます。

(アクセスが少ないと嘆いている方はこちらの記事「ブログやサイトのアクセスを増やすための方法(鉄板5選)」も合わせて読んでくださいね。)

しかし、外部サービス(ブログランキングなど)からのアクセス以上に「キーワード検索」によってブログに訪れるユーザーも非常に多いので、こちらのユーザーに対する対策を忘れてはいけません。

要するに「SEO対策」と言うことです。

SEO対策とは、何かについて調べたいとき、ユーザーはPCやスマホにキーワードを入力して情報(サイト)を検索しますよね。このとき、検索結果の1ページ目など上位に表示させる技術的な対策のことを言います。

確かに検索結果の5ページ目、6ページ目などの後半は見ないですから上位表示は大切です。

そして、この検索結果に大きな影響を与えるのがキーワードと言われています。

もちろん、検索エンジンがみなさんのブログを検索結果の何番目に表示するのかは、アクセス数や滞在時間など色々な要素で決定されるのでキーワードが全てとは言いません。

しかし、意外にキーワードを意識していないブログが多いんです。

検索すると思われるキーワードは必ず記事タイトルに含める

ブログを書くとき、必ず記事タイトルをつけると思いますが、タイトルはユーザーが検索するであろうキーワードを必ず入れておきましょう。

例えば、人気のゲーム&アニメ「妖怪ウォッチ」について記事を書いたとき、記事タイトルを「今日のパロディはわからなかった」などと安易なネーミングにしてはいけません。

妖怪ウォッチについて検索するとき、ユーザーは「妖怪ウォッチ」「アニメ」「感想」などとキーワードを複数入力しますよね。ですから、ユーザーが検索すると思われるキーワードを3つくらい含めて記事タイトルをつけましょう。

ちなみに、私だったら「アニメ”妖怪ウォッチ” 辛辣な感想が多い理由とは?」などとして、自分なりの意見をここに書きますね。

ちょっとしたことかもしれませんが、キーワードはSEO対策に大きな影響を与えますので、記事タイトルは子供の名前を考えるのと同じくらい慎重に考えてネーミングしてあげましょう。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る