課外授業「プロダクトローンチ」って何?

課外授業「プロダクトローンチ」って何

初心者向けに「アフィリエイト基礎講座」として色々書いているこのシリーズ。

前回、オプトインアフィリエイトについて紹介したのですが、それに関連してメルマガアフィリエイトはブログなどより成約率(コンバージョン率)が高いと言うことを紹介しましたね。

成約率が高い理由は…

(1)ブログと異なりそのメルマガを読みたいと言う意識が明確なので紹介する商品を買ってもらいやすい。

(2)プロダクトローンチを利用して爆発的な収入を上げることができる。

と言う2点なのですが、「そもそも、プロダクトローンチって何?」と思っている方も多いはず。

そこで今回はプロダクトローンチについて解説していきますね。(中上級者向きなので課題授業としてお届けします!)

ドラマ「踊る大捜査線」で語られていた!?

少し古い話になりますが織田裕二さんが主演のTVドラマ「踊る大捜査線」って覚えていますか?

実は、ドラマの中で織田裕二さんが演じる青島刑事は、もともと営業マン出身と言う設定なので「営業マンが会社を2回訪問しただけで数千万の契約を結んだ」と言うエピソードに疑問を投げかけるシーンがありました。

このとき、柳葉敏郎さん演じる室井管理官の会話で…

青島「1回目はご挨拶。2回目はご機嫌伺い、3回目は相手をよいしょ。4回目に相手の可能性を指摘して、5回目は自分の会社の紹介。そうやって道ならしして、6回目以降に初めて商談に入るんです」

室井「そうなのか」

青島「営業マンの基本ノウハウです…」

こんなセリフが登場しました。

実はこの青島刑事の営業マンに関するテクニックがプロダクトローンチなんですよ♪

これを発行回数全10回のメルマガに置き換えると、初回メルマガでは商品のことには触れず、売りたい商品に興味が行くように読者を徐々に誘導していき、第10回のメルマガで「これらを可能にするのが○○と言う商品なんですよ!」などとアピールするわけです。

すると最初は興味なかった読者も、後半にはすっかり「商品を買おうかな?」と言う気持ちになり、結果的に驚くべき成約率で商品が売れていくんです。

要するに、心理を誘導するわけですね。

そして、この手法を利用して高額報酬の情報商材案件を紹介すれば、すごい金額になりますからメルマガアフィリエイトが鉄板になるわけです。

「メルマガを読んでいくうちに読者をその気にさせる」

この手法は段階的に配信できるメルマガだから利用できる手法ですね。

しかし、メルマガを発行する相手(読者)がいないと話になりませんからメルマガアフィリエイターはメルアドが欲しいのです。そのため、メルアドを売買するオプトインアフィリエイトが成立するわけです。

ちなみにメルマガ発行に関しては「発行者名を明記しなくてはいけない」など法律も絡んでくるので初心者には少々敷居が高いですが、このようにアフィリエイトと言っても色々な方法がありますので参考にしてください!

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る